成分について - 自然素材の壁材「エコ・クィーン」

エコ・クィーンの成分について

〈エコ・クィーン〉の主原料である“珪藻土”について詳しくご紹介します。


主原料は白色珪藻土(融剤添加焼成品)

成分について - 自然素材の壁材「エコ・クィーン」

白色珪藻土

〈エコ・クィーン〉は、食品添加物としても認可されている、不純物を燃焼除去した白色珪藻土を主原料に用いています。

珪藻土が持つ「呼吸性」を最大限に活かすため、主原料には、目詰まり物質を燃焼除去した白色珪藻土を採用しています。国内では秋田県と大分県で生産されていますが、流通の利便性からエコ・クイーンは秋田県産のものを使用しています。

なお、同一産地の珪藻土でも採掘される場所や地層によって比重等が変わるため、最良の白色珪藻土を仕入れるための品質チェックは欠かせません。

その上質の自然乾燥品に食塩とソーダ灰を少量加え、約1,100℃で不燃物を燃焼除去した最高級を使用しています。


内壁材のその他の成分

固化材には、消石灰と白セメント

固化材に使用する「消石灰」は、長い時間をかけて、空気中の炭酸ガスを吸収しながら石灰岩にもどっていく(気硬性)ため、経年劣化の少ない壁ができます。

白セメント(水硬性)は、初期硬度を上げるためです。なお、ペーストタイプの固化材には、今までの塗り壁材にはない、全く新しい発想で開発したシックハウスの要因となる化学物質を一切放散しない無機固化材を用いています。

保湿剤には、つのまた・メチルセルロース

施工時に、壁材の急激な乾燥を防止することと、施工性を向上させるために必要となる成分です。

粉末タイプ内壁材〈NSR〉と同じ粉末タイプ内壁材〈NZ〉には、つのまたとメチルセルロースを併用し、粉末タイプ内壁材〈NSZ〉ペーストタイプ内壁材〈PS〉〈PZ〉には、メチルセルロースのみを使用しています。

スサ 合成繊維

クラックを防止すると共に、地震等で壁がパラパラと落ちてくるのを防ぐために、合成繊維のスサを使用しています。

自然土・珪藻土(乾燥品)・無機顔料を着色剤として

壁材に色を付けるために、自然土(黄土など)や珪藻土(乾燥品)、一部の製品には無機顔料を併用しています。

凹凸の表情に珪藻土顆粒・ゼオライト顆粒

凹凸の表情を持つ壁(顆粒入り製品)には、珪藻土顆粒をブレンドしています。なお、粉末タイプ内壁材〈NZ〉には、珪藻土顆粒と強い吸着性能を持つゼオライトを混入しています。


下塗り材の成分

さまざまな下地への長期安定接着のため、下塗材〈NGU〉には、必要最小限の量のアクリル系共重合粉末樹脂を混合しています。 この粉末樹脂は、シックハウスの要因となる13の化学物質を一切含んでおりません。 また、20年を超すこれまでの膨大な施工実績においても安全性が証明されていますので、ご安心ください。


エコ・クイーンとは

【撮影協力】新築・注文住宅・店舗設計のbreath house様(群馬県高崎市三ッ寺町1231) ブレスハウス様のモデルハウスでエコ・クイーンの壁をご覧いただけます。

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

詳細はこちらへ
詳細はこちらへ
詳細はこちらへ
...